婚活お悩み解消

彼氏や元彼の浮気がフラッシュバックして困る!トラウマを消したい!過去の恋愛を引きずる場合の対処法は?

彼氏の浮気のフラッシュバック対処法

「フラッシュバック」とは、「心の傷(トラウマ)」の原因になった出来事を、昨日のことのように何度も何度も鮮明に思い出してしまうこと

通常過去の記憶は、時間が経つにしたがって曖昧になっていくものですが、ある出来事があまりにも衝撃的だった場合、何年たっても色あせることなく、繰り返し思い出して苦しむ場合があります。

もちろん子ども時代のいじめや虐待のトラウマのフラッシュバックも深刻ですが、彼氏や元彼の浮気の場合は、相手を好きな気持ちと裏切られた悲しい気持ち、そして許せないという怒りや嫌悪感が複雑に絡み合い、長期にわたり心身に大きなダメージを与え続けることがあります。

Ruby
Ruby
こんな最悪な「フラッシュバック」は一日も早く解消したいですよね。

今回のテーマは、彼氏や別れた元彼の「過去の浮気のフラッシュバック」への対処法です。

目次(タップでジャンプ)
  1. 彼氏や元彼の浮気がトラウマになり、フラッシュバックに苦しむ4つの理由
  2. 彼氏の浮気のフラッシュバックを和らげる6つの方法
  3. 元彼の浮気のフラッシュバックを和らげる2つの方法
  4. 別れた方がいい彼氏5選
  5. 彼氏と関係改善を目指すにも、お別れするにもフラッシュバックの対処は必須

彼氏や元彼の浮気がトラウマになり、フラッシュバックに苦しむ4つの理由

パートナーの浮気は、何年、何十年先もトラウマとなって残り、浮気相手と同じ名前の人に出会ったり、顔立ちが似た人とすれ違ったりするだけで、動悸や吐き気におそわれることがあります。

友達に相談をしても、たいていの場合は「そういう男性は何度も繰り返すよ。すぐに別れた方がいいよ。世の中には浮気なんかしない素晴らしい男性がいっぱいいるのだから」と、別れを勧められるでしょう。

でも、そんなことはわかっているのですよね。

別れられないのは、ほとんどの場合、まだ相手に気持ちが残っているからなのでしょう。

Ruby
Ruby
愛情だけとは限りません、執着や依存の場合もあります。でも、それはあなたが悪いわけではありません。

そして、別れた後もまだ元彼の浮気のフラッシュバックに苦しんでいる人もいます。

新しい男性と出会っても、元彼の浮気がトラウマになり良い関係を結べない。これはとても辛いことですよね。

もう一度だけその人に賭けてみるにしても、別々の人生を歩むにしても、まずはあなたのフラッシュバックを和らげなければなりません。

ではなぜ、過去の浮気のフラッシュバックに苦しむのでしょうか?

彼氏のことが大好きだったのに裏切られて悲しいから

惰性で付き合っていたり、あなたの方にもほかに気になる男性がいた場合、彼氏の浮気にはそれほど苦しまないでしょう。

やはりフラッシュバックに苦しむのは、彼氏のことが大好きで、素晴らしい人だと思って信頼していたからなのです。

もちろん、彼氏もあなた一人を大切に思っていた時期もあり、良い思い出もたくさんあるはずです。

その思い出まで否定する必要はなく、浮気以前のことは「大切な思い出」として残しておきましょう。

Ruby
Ruby
良い思い出まで全否定するのは悲しいことですが、「思い出」として残すのが辛いのなら、難しいとは思いますが記憶のかなたに葬りましょう。

彼氏が浮気をしたのは自分が至らなかったからだという自己嫌悪

もちろん、浮気をする方が悪いので、自己嫌悪など感じる必要はありませんが、彼氏とやり直すにしろ、別れるにしろ、自分自身を見つめ直す必要はあるでしょう。

翠さん
翠さん
あなたが自己嫌悪など感じる必要はありません。直してほしいウィークポイントがあれば、それを言葉にしてくれなかった相手が悪いのです。

自分を裏切った彼氏に対する怒り

心理学では「怒り」は「二次感情」といわれています。

つまり、怒りの奥に「最初に感じる感情(一時感情)」があるということです。

その「一時感情」とは、悲しみ、不安、落胆、虚しさ、困惑、寂しさで、一時感情を伝えた方が、気持ちがうまく相手に伝わります。

「二次感情」である「怒り」をストレートにぶつけると、彼氏も反発するか委縮するのどちらかなので、とくにもう一度彼氏とやり直したい場合は、落ち着いて一次感情を伝えましょう。

ミルクちゃん
ミルクちゃん
そんなことは難しいのはわかっているんだけどね。

浮気相手の女性に対する怒り

相手が知らない人だった場合、怒りの矛先は曖昧になるのですが、自分の知人、まして仲の良い友人だった場合は、ダブルで裏切られたわけですから、「絶対に許してやらない」という気持ちもよくわかります。

ですが、浮気相手の女性を口汚く罵ってしまったら、彼氏の心はさらに離れていくかもしれません。

Ruby
Ruby
とくに彼氏との関係改善を望む場合は我慢しましょう。
Jasmineさん
Jasmineさん
浮気相手に恨み言の一つも言わない女性はかっこいいですよね。

彼氏の浮気のフラッシュバックを和らげる6つの方法

彼氏の浮気が発覚したら、「やり直すか別れるか」の選択をしなければなりません。

もちろん、20年、30年経てば時間が癒してくれるのでしょうが、その間にまた浮気をしないとは限りません。

彼氏と交際し続ける選択は、別れを決断するよりも「覚悟」が必要です。

自分にも非がないか、徹底的に自分と向き合い、思いの丈をノートに記す

浮気した彼氏が一番悪い。そんなことは当たり前。

でも、そんな彼氏と一からやり直すには、あなたも自分と向き合う勇気が必要。

Ruby
Ruby
別れを決意するにしても、未来のお相手と仲良くやっていくために、自分に良くないところがあれば改善した方がいいですからね。

たとえば、以下のような傾向はありませんか?

  • やきもちやきで彼氏を束縛する
  • 彼氏をほとんど構っていない、愛情を伝えない
  • 過度な連絡を要求したり、頻繁に連絡を入れる
  • 意見が分かれると絶対に折れない
  • 自分の意見をほとんど言わない
  • (浮気でなくても)男性の友人や同僚と頻繁に出かける
  • 身だしなみに気を使わなくなった
  • 上から目線
  • 卑屈な態度

自分の欠点は自分ではわかりにくいものなので、答えにくいかもしれませんが、一度彼氏に聞いてみましょう。

向日葵さん
向日葵さん
自分では束縛しすぎかな?と思っていても、実際は連絡が少なく彼氏は寂しい思いをしていたかもしれません。

悲しい気持ちを相手にぶつける

ある程度は感情をぶつけることも大切です。

ただし、二次感情の「怒り」ではなく、一次感情の「悲しみ」や「不安」をぶつけた方が、気持ちは伝わります。

無理に感情を押し殺すとフラッシュバックはますます激しくなり、彼氏には「あいつはオレのことが好きだからオレは何をしても良い」と甘く見られてしまいます。

Ruby
Ruby
悲しみや不安と同時に「愛情」も伝えましょう。

二度と浮気の話は蒸し返さないと彼に約束する、そして「二度目があれば終わりにする」と心の中で誓い覚悟を決める

一番よくないことは、ことあるたびに浮気の話を蒸し返すこと。

疑心暗鬼になり相手のスマホをチェックしたり、残業で遅くなったときも過度に勘ぐったりすれば、そのうち二人の関係は破綻します。

この話し合いを最後に、二度と浮気の話は蒸し返さないと彼に約束しましょう。

そして「二度目があれば、次は絶対に別れる」と、心に誓います。

桃子さん
桃子さん
「二度目がない」ことを、実際に彼氏に言うかどうかは、あなた次第です。

数か月彼と距離を置き、ひとりで自由に過ごす

2~6か月間ほど連絡を絶つのもいいでしょう。

趣味や仕事に没頭すれば、浮気した彼氏のことなど、どうでもよくなるかもしれません。

逆に、とても大切な存在だったと気付くこともあります。

彼氏も同じで、あなたが距離を置くことで、あなたの大切さを思い知るかもしれません。

翠さん
翠さん
男性を意識せずに仕事や趣味に打ち込む女性は素敵!
ミルクちゃん
ミルクちゃん
逆にそういう女性の方が男性からモテたりするから不思議なんだよね。冷却期間の間に新しい恋が芽生えるかも!

第三者(友人、占い師、カウンセラー、心療内科医など)に話す

フラッシュバックの度合いによって、友人、占い師、カウンセラー、心療内科医などに気持ちを打ち明けてみましょう。話すだけでもずいぶんと楽になるはずです。

過呼吸や不眠、嘔吐などがあれば、かならずカウンセラーや心療内科医に頼りましょう。決して恥ずかしいことではありません。

彼氏の「才能」に惚れている場合は、発想の転換も可

才能のある男性はモテます。

実際はモテてもイケメンでも、浮気をしない人はいくらでもいるのですが、あなたは「女性に人気があり、浮気をする男性(の才能)」に惚れてしまったのです。

男性は女性よりも浮気をする生き物だと割り切り、「モテる男性が選んでくれた自分」を誇らしく思いましょう。オンリーワンではなくナンバーワンです。

Jasmineさん
Jasmineさん
浮気はしたけれど、あなたの元に戻ってきてくれたのですから。

ただし、彼氏はこの先も浮気を繰り返す可能性大なので、それも納得のうえで、覚悟を決めなければなりません。

元彼の浮気のフラッシュバックを和らげる2つの方法

彼氏の浮気が原因で別れを決めたとしても、些細なことでたびたびフラッシュバックが起こる可能性があります。

恋愛感情ばかりではありませんが、元彼氏に「気持ち」が残っている証拠なので、思い出す隙を作らず何かに没頭しましょう。

仕事、趣味、勉強、新しい恋がおすすめです。

自分を磨いて合法的に復讐する

ぽっちゃりした人はダイエットして、見違えるような美人になりましょう。

外見だけでなく、読書や勉強で内面もピカピカに磨きましょう。

かなり時間がかかりますが、久々に元彼氏をデートに誘います。

復縁を求められるかもしれませんが、もちろん丁重にお断りしましょう。

Ruby
Ruby
あなたがレベルアップしたら、浮気をするような彼氏はどうでもよくなると思います。
ミルクちゃん
ミルクちゃん
彼氏に浮気されたことはショックだけど、素敵な女性になるチャンスでもあるよね!

新しい恋、元彼よりも素晴らしい男性を見つける

元彼の浮気のフラッシュバックを撃退する一番良い方法は、やっぱり新しい恋、しかも元彼よりも素晴らしい男性と恋をすることです。

自分がレベルアップすれば、レベルの高い男性と知り合い、快適なお付き合いができます。

ただし、過去のトラウマから、新しい彼氏にも裏切られるのではないかと、過度に束縛したり、疑ったりしたら、上手くいかないことは火を見るよりも明らかです。

新しい恋が始まっているにも関わらず、フラッシュバックがまだ続くようなら、彼氏に正直に打ち明けてみることも検討しましょう。

ただし「まだ前の恋人に未練があるのか?」と勘ぐられる可能性もあるので注意が必要です。

Ruby
Ruby
ほとんどの女性は新しい彼氏を見つけることで、元彼の浮気のフラッシュバックはなおります。

別れた方がいい彼氏5選

浮気相手への当てつけや共依存で関係を続けるべきではないし、愛ではなくただの執着心で一緒にいるのはつまらないことです。

そして、絶対に別れた方がいい彼氏もいます。

もともとDV癖など性格に難があった

浮気が発覚する前から、ギャンブル依存症、アルコール依存症、浪費癖などがある男性も、意志が弱く同じことを繰り返してしまいそうです。

最悪なのがDV癖ですね。DV男は暴力をふるったあとに、突然弱さや優しさを見せて、女性を懐柔する傾向があります。

DV男から逃げようとしてもストーカーになる場合もありますので、彼氏が浮気をしたことをラッキーだととらえ、完全に手を切りましょう。

もし、このような男性と交際を続ける場合は、どんなに酷い目にあおうと後悔しない強い覚悟が必要です。

Jasmineさん
Jasmineさん
決してオススメはしていません!

浮気相手の女性をあなたよりも大切に思っている

「私と彼女とではどちらが大切なのか」と聞いても、口ごもって答えないなど、完全に浮気相手の方に気持ちが傾いている場合もあります。

二人が結婚して子どもがいる場合は、相手の女性への思いを断ち切り、家族のもとに戻る可能性がありますが、交際相手の場合は法律で守られているわけでもないので、結局最後は、浮気相手のもとに行くと考えられます。

遊びなら許せても「本当に愛しているのは浮気相手の方だ」なんて耐えられませんよね。

傷の浅いうちに距離を置く方がよいのではないでしょうか。

開き直る、逆にあなたを責める

自分の浮気が原因なのに逆切れするような男性は、非常に子どもっぽかったり、事の重大さに気付かない無神経な性格である可能性が大です。

反省するどころか「オレが浮気をするのは、オマエがダメだからだ」と責めたり、「浮気をしてどこが悪い」「オマエに文句を言われると傷つく」と開き直るようでは、この先関係を立て直せるとは思えません。

何度も繰り返している、または相手が複数いる

出会い系サイトなどで常に女性を物色し、浮気を何度も繰り返していたり、相手が複数いる場合は、恋愛依存症の可能性が大です。この先、浮気癖が治るとは考えられません。

このような男性と一緒にいても、平穏な日々が訪れるとは思えないので、結婚する前に浮気癖が判明したのは「不幸中の幸い」だと考え、割り切ることも大切です。

なお、何度も同じ相手と浮気を繰り返す場合は、その女性の方が楽だったり、その女性の方を愛している可能性があります。別れをオススメします。

浮気相手を口汚く罵る

浮気相手を口汚く罵る場合は、浮気相手にもあなたの悪口を言っていると考えられます。

浮気相手の悪口はあなたへのリップサービスに過ぎず、彼氏の人間性がよくわかります。

彼氏がこの先、素晴らしい人格の男性に変わるとは思えないので、新しい相手を見つける方がよいでしょう。

彼氏と関係改善を目指すにも、お別れするにもフラッシュバックの対処は必須

長い付き合いの場合は「私の時間を返して」と思うかもしれませんが、彼氏の浮気癖が結婚前に判明して不幸中の幸いでした。

結婚して子どもがいる場合の離婚は、独身同士の別れの何倍ものエネルギーが必要です。

二人でもう一度やり直すにしろ、別々の道に進むにしろ、辛いフラッシュバックとは一日も早くお別れしましょう。