婚活お悩み解消

マッチングアプリの婚活でフェードアウトは失礼?やりとりをやめたい!復活したい!などのフェードアウト問題を徹底解説

婚活におけるフェードアウト問題

「フェードアウト(fade out)」とは、もともと映像編集の用語で「映像や音声がしだいに小さくなり、最後には消える」ことです。

飲み会で仲良くなった男女が、二人でこっそり消えるときにも使いますよね。

マッチングアプリの恋活、婚活でもフェードアウトは日常茶飯事です。

とはいえ「二人で消える」というようなロマンティックな意味ではありません。

正式に告白されたり、付き合っているわけでもない人から「タイプじゃなかったからもう連絡しないでほしい」「同時進行していた人と交際するからもう連絡はしないよ」と口に出されるのも変な話ですよね。

Ruby
Ruby
交際相手の候補ではあるけれど、付き合ってはいない。しかもそのような相手が複数いる。そんな特殊な状態は「マッチングアプリの恋活、婚活ならでは」ですから。

理由を告げずに相手から徐々に距離を置くのが「マッチングアプリのフェードアウト」です。

この記事では、フェードアウトしたい、どうやらフェードアウトされたみたいだけど復縁するにはどうするかなど、徹底解説していきますね。

ただし、マッチングアプリが馴れ初めとはいえ、正式に交際しているカップルの場合、話は別です。その場合のお別れは、職場や学校での自然な出会いや誰かの紹介の場合と同じです。

マッチングアプリだけではなく、結婚相談所も「仮交際」までは同時進行可能です。ただし、お相手への「お断り」は仲人さん(コンシェルジュ・アドバイザー等)にお願いします。フェードアウトはNGです。

→ 【 完全版 】あなたに最適な結婚相談所・婚活サービスはこちら ←

マッチングアプリでのフェードアウトとは?

マッチングアプリで、やりとりのある異性との連絡を絶とうと決意するのは、おもに①その人が自分の好みではないとわかったときか、②他の人との交際が決まったときのどちらかですよね。

マッチングアプリの利用者の目的は、金銭以外なら、①遊び、②恋活、③婚活の3つにわかれ、二人の目的が違えば、いくらお互いに好みのタイプでも、早晩お別れすることになります。

マッチングアプリで一番よくあるお別れの方法が、少しずつメッセージの速度を落とし、頻度も減らせていく、自然消滅風の別れ方です。

これをフェードアウト(FO)といいます。一方、ある時点で、本人に別れを告げるかブロックして、強制的に関係を終了させることをカットアウト(CO)といいます。

マッチングアプリのフェードアウトは常識?それともお相手に失礼?

マッチングアプリのフェードアウト

「フェードアウトは失礼だ」と感じる人もいるでしょう。

けれども、職場などの自然な出会いや、第三者が介在する紹介やお見合いとは違い、マッチングアプリの世界では、複数の異性との同時進行も常識なら、フェードアウトも常識です。

徐々に返信が遅くなり、内容も薄くなれば、「脈なし」だと事情を理解してくれる人がほとんどです。

ミルクちゃん
ミルクちゃん
数回一緒に出かけたくらいでは、そこまで相手にのめり込むことは少ないですからね。

わざわざ「あなたの〇〇なところが無理なので」と言葉にされると余計に傷つきますし、いつの間にか消えてくれる方が、誰か他にいい人が見つかったのかもね、と諦めもつくものです。

Ruby
Ruby
ただし、連絡が途絶えがちになった理由をどうしても聞きたいと、どこまでも食いついてくる男性には、「ごめんなさい。結婚を前提にお付き合いする相手が決まったので」と答えましょう。マッチングアプリの世界は、複数の異性との同時進行が原則なので、回答はこれ一択です。
向日葵さん
向日葵さん
このような熱心な男性と知り合ってしまうと、しばらく別のマッチングアプリに移動した方が良いかもしれません。女性の利用料はたいてい無料なので、いつ移動しても金銭的なリスクはありません!

相手とのやりとりをやめたい!マッチングアプリで正しくフェードアウトする方法

マッチングアプリでの正しいフェードアウト

共通の知り合いもいないし、もう二度と会う可能性がなくても、お互いに傷つかずにきれいにお別れしたいものですよね。

なんの予兆もなく、プッツリと連絡を断てば、事故にでもあったのかと心配されることもあるでしょう。

相手がメッセージを送ってきた場合には、「なるほど」や「そうなんですか」といった面白みのない答えをゆっくりしたペースで返すだけにしましょう。決してこちらから話題を振ってはいけません。仕事が忙しいことも同時にアピールしておけば完璧です。

体調が悪いと言ってしまうと余計な心配をかけるので、「仕事が忙しい」のほうがいいですね。

「また時間ができたら、こちらの方から連絡します」というのも、相手を期待させるだけなのでやめた方がいいでしょう。

検索をすればいくらでも新しいお相手が見つかるのに、わざわざ話の盛り上がらない人とやり取りを続ける理由はないと、たいてい向こうも冷めていきますので、メッセージが途切れたらマッチングアプリはブロックしておきましょう。

ペアーズなどのマッチングアプリでは、相手のプロフィールをブロックすれば、相手にはあなたが退会したように見えます。たいていの人は「忙しくてやめた」か、「誰かと交際をスタートしたんだな」と考えてくれるでしょう。

正式に付き合う(真剣交際)まで絶対に教えてはいけないことのリスト

ラインの交換は仕方ないにしても、以下の個人情報は、お相手が信頼できる人だとわかり、正式に交際するまでは内緒にしておいた方が良いでしょう。

  • 本名
  • 住所
  • 勤務先
  • 生年月日
  • 出身校の学部や卒年
  • 電話番号
  • Facebook、Twitter、Instagramのアカウント

とくに珍しいお名前の場合は、本名からFacebookをはじめ、いろいろとバレてしまうおそれがありますので、なるべくなら仮名(かめい)にしておきましょう。

交際が開始したあとに「マッチングアプリで知り合った人の中で、本名を教えた人はあなただけ」と説明すれば、みんな察してくれるはずです。

LINE(ライン)交換後のフェードアウト

ラインを交換しただけでは、たとえストーカー気質の相手でも、できることはほとんどありません。念のため、ラインの名前はニックネームかファーストネームにしておくことをおすすめします。

相手からの連絡も途絶えてきたところを見計らって、マッチングアプリと一緒にラインもブロックしましょう。

男性はマッチングアプリを長く利用するとそれだけお金がかかりますし、サービスによってはメッセージの送信にも1通単位でお金がかかることもありますので、男性が早くラインのやり取りへと移行したがる気持ちもわかりますが、実際に会う約束をしてからでも遅くはありません。

Ruby
Ruby
ラインの交換は、実際に会った後でもいいかもしれません!

「絶対に無理な人」ならラインのブロックもおすすめですが、「(本命が見つかった後も)一応キープしておきたい人」なら、ラインはそのままにしておいてもいいですね。ただし、タイムラインの公開範囲には細心の注意を払いましょう

結局、フェードアウトした人の方が良かったとわかれば、「忙しくてなかなか連絡できなくてごめんなさいね」と一か八か連絡してみるのも手です。

マッチングアプリの婚活は、見た目重視になりがちなので、ブロックする前に一度冷静になることもお忘れなく!

実際に会った後のフェードアウト

お酒を飲んで気が緩んで大切な個人情報を話してしまうこともあるため、初回のデートではお酒は飲まないことをおすすめします。

お酒が強い人でも体調によっては深酔いしてしまうこともあり、最悪の場合は素敵なお相手と仲良くなれるチャンスを失うことになるかもしれません。

私も経験がないし、ほとんど聞かない話ですが、相手が粘着質の男性の場合は、ストーカーになる危険性があるかもしれないので、個人情報だけには十分注意しましょう。

Ruby
Ruby
正式に交際するまでは、お酒と個人情報には注意しましょう!

デートした後でも住所や勤務先さえ教えなければ、よほど危険な相手以外はそこまで深刻な事態にはならないでしょう。

個人情報を知られてしまった後のフェードアウト

マッチングアプリを利用する男性も、ほとんどが良識のある大人なのですが、運悪くストーカー気質の男性に本名やSNSのアカウントを知られてしまった場合は、とにかくマッチングアプリの運営会社に相談しましょう。

粘着質の男性に個人情報を明かしてしまった!

  • ラインのブロック
  • タイムラインが男性の目に入らないよう、注意深く公開範囲をチェック
  • Facebookを非公開設定に

などなど、いろいろと面倒なので、繰り返しになりますが、お相手が信頼できる人だとわかり、正式に交際をスタートするまでは、個人情報は明かさないようくれぐれも注意しましょう。

マッチングアプリでフェードアウトされる原因は?

今度は、あなたがフェードアウトされた原因を考えてみましょう。フェードアウトされたのはいつでしょうか?

  1. ラインを含めメッセージのやり取りの段階
  2. 実際に会った後

それぞれ別の原因があると考えらえます。

「この人はちょっと自分の理想とは違ったな」と思うと、すぐに別の異性を探せるのがマッチングアプリ。重い病気や怪我で寝込んでいない限り、1週間連絡がないとフェードアウトされた可能性が大です。

ほとんどの場合は「相性や条件が合わなかっただけ」なので、気にすることなく別のお相手を探しに行けばいいのですが、根本的な問題があるのなら気を付けた方が良いでしょう。

ラインを含めメッセージのやり取りの段階でフェードアウトされる原因

  1. 返信が早すぎる、遅すぎる(相手のテンポにあわせましょう)
  2. メッセージが長すぎる、短すぎる(これも相手の長さにあわせましょう)
  3. プロフィールに書いてあることを質問する(自分には興味がないと思われる)
  4. 何度も同じ話をする、他の人と間違える(たくさんの相手と同時進行していると思われる)
  5. 質問されたので答えても、反応が薄く、会話が盛り上がらない
  6. 自慢が多く自分の話ばかり
  7. 過去の交際相手の話や他の男性の話が多い
  8. マッチングアプリを利用する目的(遊び、恋活、婚活)が自分とは違うと判明
  9. 価値観や趣味があまりにも合わない
  10. 積極的すぎて、勧誘や販売など別の目的があると勘違いされる(マッチングして1週間くらいでデートの日取りを決め、1週間以内に合うのがベストだとされています
  11. スピリチュアルや陰謀論、都市伝説、お金の話が多く怪しまれる(人によっては警戒されます)
  12. 丸一日以上返信がない(フェードアウトと勘違いされる可能性もあり)
  13. 会社名や住所、家族関係などプライベートな話を聞く
  14. お相手が同時進行している人と比べ話が合わない

実際に会った後にフェードアウトされる原因

  1. 写真を加工しすぎて実物とは違った
  2. 店員さんなどサービス業の人に対して横柄
  3. 会話があまり弾まない
  4. 「女性は奢られて当然」という態度
  5. 結婚に前のめりで重いと感じた
  6. 不純な動機で近づいたが、あなたが真面目過ぎた
  7. お酒を飲むと人が変わる
Ruby
Ruby
あまり相手に合わせすぎると、最初は上手くいっても、そのうち疲れてくると考えられますので、自然体で!

ただ、店員さんに横柄な態度を取ったり、奢られて当然だという考えだと、誰からも良くは思われないので、注意が必要です。

プロフィールの写真は、自分で加工すると、どうしてもやり過ぎてしまう傾向にありますので、プロに頼んでみてはいかがでしょうか。

写真を掲載しないという方法もありますが、「いいね!」が減少し、初回デートの後でフェードアウトされると不愉快な思いをしますので、おすすめしません。

→ 【 完全版 】あなたに最適な結婚相談所・婚活サービスはこちら ←

マッチングアプリでフェードアウトされたら脈無し?復縁したい時の対処法

ザオラルメール

マッチングアプリでは、フェードアウトした相手との復縁は難しいとされています。

そうはいっても、とても素敵な人だった場合は諦めきれないですよね。

そんな場合は、1週間から10日ほどの期間を空けて、1度だけ「ザオラルメール(ライン)」を送ってみましょう。

ザオラルメールとは、連絡先を消す前の最後のメールのこと。もちろん相手があなたをブロックしている場合は届きませんが、たとえ返信がこなくても諦めがつき、新たな一歩が踏み出せます。

Jasmineさん
Jasmineさん
「ザオラル」とは、ドラゴンクエストに出てくる仲間を生き返らせるための呪文のことだそうです。

お元気にされてますか?あれから何人かとやり取りしてみましたが、〇〇さんが一番楽しいです。落ち着いたら連絡くださいね。今後ともよろしくお願いします。

○○に行ってからもう10日も経つんですね。懐かしく思い出します。また時間があったらご連絡ください。お仕事頑張って!

デートをしたのも数回だろうし、返信の確率は低いと考えられますが、お相手の方も別の女性とやり取りしてガッカリした後だと連絡してきてくれたあの人にもう一度ラインでも送ってみようか、という気持ちになるかもしれません。

Ruby
Ruby
ただし、過度な期待は禁物です。こちらからのメッセージは1回きりで!

フェードアウトしてしまった罪悪感でいっぱい!後悔しているときはどうする?

人間的にはいい人だったのにタイプではなかったから、冷たくフェードアウトして申し訳なく思っているのか、復縁したいのかどちらでしょうか?

前者なら、マッチングアプリでのフェードアウトは日常茶飯事なので、お相手もそれほど気にしていないはずです。別の誰かと同時進行していたかもしれません。

一時の感情でフェードアウトして後悔しているのなら、やっぱりザオラルメールですね。忙しさをアピールしてフェードアウトしたのなら「時間ができたので、気になって連絡してみた」ことにしましょう。謝罪もお忘れなく!

マッチングアプリでお相手をブロックせず、掲示板などを利用して恋活、婚活を続けていたのなら、相手はおそらく不愉快な気分になっていると思うので、ザオラルメールは諦めましょう。

Ruby
Ruby
ペアーズなどで相手をブロックすると、相手には「退会済み」と表示されます!

男女とも有料の婚活サービス(オンライン結婚相談所)を利用する

スタッフ(コンシェルジュ、カウンセラー、仲人、アドバイザーなど)が介在する結婚相談所では、突然お相手にフェードアウトされて傷つくことはりません。

お相手が交際を断った理由もスタッフは知っているので、他の人と真剣交際をスタートしたなどの納得のいく理由なら、教えてくれる場合もあります。

オンラインの結婚相談所は、マッチングアプリや出会い系サイトとは違い女性にも多少の費用が発生しますが、街中にある結婚相談所より断然リーズナブル。

独身証明書はもちろんのこと、男性には収入証明書、短大卒以上の人には卒業証明書の提出義務がありますので、不純な目的の既婚者や詐欺が紛れ込んでいることはほぼありません。

フェードアウトで傷つきたくない、自分で募集したり検索するのではなく条件の合う人を紹介してほしいと考えている女性は、マッチングアプリより結婚相談所がおすすめです。

Ruby
Ruby
ぜひ、自分に合う婚活の方法を見つけてくださいね。

マッチングアプリの「フェードアウト」は避けては通れない問題

フェードアウトは気にしない!

気に入ったお相手からフェードアウトされるのは辛いことですが、「同時進行」と「フェードアウト」はマッチングアプリの宿命です。

そういうものだと割り切るか、スタッフが間に入ってくれる結婚相談所も検討してみましょう。

Jasmineさん
Jasmineさん
粘着質の男性と話がこじれた場合は、他のマッチングアプリに移動しましょうね。

→ 【 完全版 】あなたに最適な結婚相談所・婚活サービスはこちら ←

↓ 関連記事はこちら ↓